ホ-ムホーム > センターのご案内 > センターについて

センターについて

 建設業は、豊かで均衡のとれた国土の発展に、健康で文化的な国民生活の向上に重要な役割をもつ産業です。また、近年は大規模な自然災害が発生するなど災害からの復旧、事前の防災・減災対策、インフラの維持管理のための老朽化対策などその役割はますます重要性を増しております。

 建設業がこうした役割を十全に果たすためには、自らの技術力を向上させるとともに、高い技術力と的確なマネジメント力をもった建設技術者が適切に配置されるなど建設工事の適正な施工が確保されることが必要不可欠です。
 また、将来にわたって建設工事の担い手が確保されることも重要であると考えています

 一般財団法人建設業技術者センターは、建設工事の施工の適正化等建設業の健全な発展の促進を図るため、建設業法で定められた指定資格者証交付機関として監理技術者資格者証の交付事業を行うとともに、公共工事の発注者に対し建設業者の施工体制の確認等に必要な技術者資格情報等の提供サービスを実施しています。また、これに加えて公益目的事業として、建設技術者に対し有益な情報とコミュニケーションの場を提供するインターネットサイト「コンコム」を運営しています。

 今後とも、建設工事の適正な施工を確保するための事業等に尽力していきたいと考えています。建設技術者の方々をはじめ関係者の皆様のより一層のご支援を賜れば幸いに存じます。

名 称 一般財団法人 建設業技術者センター
設 立 昭和63年6月1日(平成24年10月1日 一般財団法人に移行)
理事長 谷口 博昭
目 的 建設工事の適正な施工を確保するため、技術者の資格等に関する情報の収集、管理及び提供を通じ、技術者の専任制をより有効に担保するとともに、施工管理等に関して必要な知識及び技術の普及を図り、もって国民福祉の向上に寄与することを目的とします。
事 業 (1)監理技術者資格者証の交付等に関する事業
(2)建設業技術者の資格に関する情報の収集、管理
(3)建設技術者の資格等に関する情報の提供
(4)建設工事の施工管理等に関する調査、研究及び情報提供
(5)建設工事の施工管理等に関する講演会、講習会及び見学会等の開催
(6)上記各号に関連する受託業務
(7)その他この法人の目的を達成するために必要な事業
ページトップへ

CE財団の事業内容

監理技術者資格者証の交付

CE財団は国土交通大臣の指定資格者証交付機関です。監理技術者資格者証の交付を通じて、技術者の専任制を有効に担保し、工事の適正な施工を確保するとともに、施工管理に関する知識及び技術の普及を図っています。

発注者支援データベース・システム

公共工事の発注者に、建設業者の財務・経営、工事実績、監理技術者の情報及び技術者の専任制確認情報をオンラインで提供し、入札・契約・施工の適切な執行及び事務の効率化を支援しています。

調査・研究事業

建設技術者の若年入職者確保・育成に係わる調査研究、今後の地域建設業のあり方を提言することを目的とした地域ごとの建設産業の現状に関する調査研究を行っています。

情報提供事業

建設技術者に有益な情報とコミュニケーションの場を提供する会員制(無料)コミュニティサイト『コンコム』を運営しています。
ページトップへ